10月19日(英語de ハロウィーンを楽しもう!)の部活の様子です。

10月の部活のテーマは、

英語de"ハロウィーンを楽しもう!"

 

10月の部活は、ハロウィーン をテーマに英語de楽しみました。

予告どおり、ハロウィーンに隠された秘密も解き明かされたのでしょうか!?


今月の英語コンシェルジュYOKO の強力なアシスタントは、本場のハロウィン通?のTさんです。

今回も本場アメリカの情報を伝えるために、当部活に駆けつけてくださいました。

そして、ハロウィーンの情報や隠された秘密をを詳しく語ってくださいました!

毎回、コンシェルジュYOKOのお墨付きの素敵な方が、この部活を盛り上げてくださるので

『The大人の部活 英語部』は、いつも時がたつのを忘れるくらい盛り上がります。

 

今月も、新規部員を3名も迎えることができました。部員の皆さまのクチコミのおかげで

英語部の和がだんだん広がってきています。

当部活は『英語を学ぶ』という通常の学習スタイルからの進化形、英語で学ぶ』という、

英語コンシェルジュYOKOの考案したとても新しい英語学習スタイルです。

英語がペラペラじゃなくてもいいんです。自信がなくてもいいんです。英語が好き、興味がある、

英語に触れて楽しみたい方なら、どなたでもOK!

コンシェルジュYOKOが、わかりやすく楽しく英語学習を導いてくれますので、初心者でも安心して参加できます。

ですから、お気軽にご参加くださいね。

 

 

いつものように、自己紹介は、初対面なのにすぐに仲良くなれるコンシェルジュYOKOの秘策

ハロウィーンをテーマに楽しく自己紹介をしながら仲間づくりで スタートです。

 

 

 

 

 

3つのグループに分かれて、まずは、緩やかに日本語で簡単な自己紹介。

次に英語で自己紹介。サイコロを振って出た目の質問に答えます。

質問はサイコロの目の数と同じく六つほど用意されています。

まず、最初の人がサイコロを振ります。そして出た目の質問を残りのメンバーみんなで読み上げます。

サイコロを振った人は、その質問に答えるという方法です。

上手く言えないところは日本語でカバーしてもOK! 自分のできる方法で話せばよいのです。

お化けって信じてる?

お化け屋敷に行ったことがある?

日本で盛り上がってるハロウィーンのイベントについてどう思う?など、

初対面なのにいつの間にか緊張がほぐれていくといった、ゆる〜くて楽しい方法で仲間作りができるのもコンシェルジュYOKO独自の手法のおかげです。

 

 

ハロウィーンとは 何?

 

まず、ハロウィーンの歴史についての映像を見ました。

日本のお盆みたいな感じ?

ハロウィーンってそういう意味があったんだ!

英語コンシェルジュYOKOの解説をもとに、隠されたハロウィンの秘密がどんどん解き明かされていきました。

このあと、本場ハロウィン通?のTさんの話を聴いて、ハロウィーンのスタイルが時代とともに変化していることも知りました。

このような英語のWebサイトを使って、ハロウィーンに関する情報をチェックしてみるのも

英語に興味を持ついいネタだとコンシェルジュYOKOに教えてもらいました。

 

 

 

『ハロウィーンボキャブラリーを使ってビンゴに挑戦』

 

魔女、黒猫、がいこつ、パンプキン、お化けなどハロウィーンに関することばはたくさんありますね。

でも、残念ながら、これを英語でとなると、簡単には言えないですよね。

そこで、まずハロウィーンボキャブラリーを練習しました。

そのあと、賞品付きのビンゴゲームに挑戦しました。

賞品は、TさんとYOKOからのプレゼント(キャンディー)です。

賞品があるとわかると、部員の目はいつも以上にキラキラ輝いていました。

その甲斐もあり、部員の英語力もかなりアップしたようです。

 

 

 

 

 

 

『ハロウィーンに関するすごろくゲーム』

 

英語ですごろくゲームにチャレンジです。

ビンゴゲームに続いて、今度はすごろくゲームです。ボードのマス目に書かれているメッセージは

もちろん英語です。先ほどビンゴゲームで学んだハロウィーンボキャブラリーも役立ちました。

ひとマスひとマスグループのみんなで丁寧に読みほどきながらゴールを目指しました。

このゲームもまた”賞品付き”ですから、もちろん部員の目は”らんらん”です。

が、ところどころにある、”3back”のマス目に乗ると、大きなため息が…

全員無事にゴールして、いただいたご褒美をしっかり握りしめて満足そうでした。

英語をツールにして何かをすることの満足感を得られるのは、この部活ならでは!ですね。

 

 

 

『お菓子に関する英語と日本語の違い』

 

お菓子といえば、ケーキ、クッキー、チョコレート。キャンディ。ガムなどなど

種類に応じて、それぞれ名前がついていることは当然だ!と思っていました。

ところが、今日の部活で新しい発見がありました。英語でお菓子とは、種類を問わずすべて”キャンディー”。

キャンディーは飴のことでしょう!?と思わず反論したくなりました。

こんな発見があるのもこの部活の魅力です。

 

 

 

今回もコンシェルジュYOKOから、ハロウィーンをテーマに、英語学習のヒントをたくさん教えてもらいました。

 

 

 

 

部活だけでは、英語の上達は難しいのですが、こうした英語学習のヒントを習ってコツコツと積み重ねることによって英語deやりたいことができるようになる自分が見えてくるような気がしますね。

今日インプットしたショッピング会話を使うにはまだまだ努力が必要ですが、

英語で楽しむことにこれからもどんどんチャレンジしてみたくなりました。

Tさん、今回もたくさんのことを教えていただきありがとうございました。

差し入れのキャンディーもありがとうございました。

ぜひぜひまた来てくださいね。

 

 

 

 

次回は、

11月16日(土)18時30分〜

場所は、メディアスペース ケノービー(岩国駅前中通り商店街)です。

拡散希望です。たくさんの方にシェアしていただけると嬉しいです。

一緒に英語好きの仲間を増やしましょう1

 

詳細をHP上にアップしていますThe大人の部活”英語部”のHPでは、

英語に関する楽しい情報を更新していきますので、ぜひこちらのホームページをブックマークしておいてくださいね。