英語学習を楽しむヒント(野球用語編)by英語コンシェルジュYOKO

部員のみなさん、昨日は野球をテーマの部活いかがだったでしょうか? 

「ゲッツ―」はまったく通じない和製英語だったと発覚しましたね。”get 2 out”と言い換えてもアメリカ人には伝わらないんですね。

おかけで、テレビの野球中継で「ゲッツ―」と言ってるのがとても気になって、「そこは、”double play”よ~」とテレビにむかって教えてあげましたよぉ。

野球好きの方は部活で得た学習ヒントを是非、ご自宅での英語時間にいかしてくださいね。

プロ野球ファンの方にとっては、毎晩テレビで野球観戦が楽しい時期でしょうか?中継を意識して聞いてみるとなんとカタカナ言葉の多い事でしょう!英語の国からきたスポーツですもんね。

でも、外国人と野球を話題に話そうとすると伝わらない和製英語がだらけ。回の表と裏は”top・bottom”、 ゴロは”ground ball”、凡フライ”pop fly”、ショートは”shortstop”。

そして、和製英語ではなくても発音が完全にカタカナ化して、スクイズは実は”squeeze”とは気づかなかったり…

野球好きの方は、まずは野球用語を覚えてみるといいですね。自分の好きな事がテーマならきっと英語も楽しめますよ!

英語の野球用語|100個以上ある和製英語!正しい音声付き